Menu ×

教員紹介

教員紹介

作業療法学科 専任教員(副校長)
藤本 陽子

Message
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は、対象となる方々の生活や人生に関わることの出来る「やりがい」のある仕事です。対象となる領域も広がり、子供から高齢者まで背景の異なる多くの人に関わっていく仕事でもあります。その為にも、人に興味を持ち、どんな事に対しても興味を持って学び・経験していくことが大切だと思います。リハビリテーションに関わる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士という仕事に興味を持ってもらい、この仕事について良かったと将来思ってもらえるように、我々教員も皆さんと共に学びながら、指導・サポートしていきたいと思います。

理学療法学科 専任教員(学科長)
松村 竜誠

Message
理学療法士は「小児」から「高齢者」まで人生のあらゆる場面をサポートする仕事です。発達支援、就学支援、健康づくり、スポーツ支援、復職支援、障害予防、介護予防、自立支援など様々な分野で活躍が期待されています。医療に携わる人としての心構え、理学療法士に必要な知識、技術の勉強を興味が湧くように工夫を取り入れ、専任教員はアットホームかつ熱意溢れる教員が揃っています。学生との距離感が近く、相談しやすい環境を整えた本校で、我々と一緒に、理学療法士を目指しましょう。

作業療法学科 専任教員(学科長)
佐平 安紀子

Message
作業療法士は、「作業」を通じてその人らしい生活を支援する仕事です。心や身体、環境等、幅広い視点から支援を行います。「その人らしい生活」を一緒に考え、共に歩んでいくことができる素晴らしい仕事です。生きがいをもった豊かな生活を支援する仕事であり、社会のあらゆる場所で作業療法士が活躍しています。「自分らしい作業療法士」を目指せるよう、教員一同、全力で支援させていただきます。

言語聴覚療法学科 専任教員(学科長)
青木 崇

Message
言語聴覚士の仕事は、小児から成人の言語・聴覚・喋下といった幅広い分野を対象とします。対象者のニーズも時代に合わせて変化するため多様化していきます。それらに柔軟に対応するためには「経験豊かな言語聴覚士」が求められます。私の持論は「経験豊かな言語聴覚士は、失敗経験も豊か」です。失敗は学生の特権のようなもの。様々な経験をして、一緒に人間性豊かな言語聴覚士を目指しましょう。