Menu ×

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力を有している人
  2. 自らの意思で物事を判断し、自分の考えを的確に表現できる人
  3. 明確な目的意識を持ち、最後までやり抜く意志をもった人
  4. 積極的に他者とかかわり、対話を通して相互理解に努めようとする人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

理学療法・作業療法学科

◇ 1年次は、主にリハビリテーションの実践に求められる基礎科目を学ぶ。
高等学校で修得した知識についても、基礎科目の理解に必要な部分は並行して学習する。
また、リハビリテーションの対象となる人々の生活や療養の場に応じた健康増進、疾病予防、機能の回復を支援するための知識を学ぶ。
その他、評価・治療の実技の一部や、見学実習を通じて、セラピストの業務内容や心構えを学ぶ。

◇ 2年次は、リハビリテーションの対象となる人々の特性や評価方法・治療方法について学びを深めながら、理学療法・作業療法の基礎となる技術について、演習形式で修得する。
評価実習では、理学療法士・作業療法士の臨床での役割を学ぶとともに、検査・測定を実施し、評価情報を整理する。
また、国家試験に向けた準備を整えるために対策授業を行う。

◇ 3年次は、これまでに学んだ知識・技術を統合する総合実習を、病院・施設などで行い、対象者の評価や治療プログラムの立案・実施、再評価までの一連の過程を経験する。
また、国家試験や就職に向けて、これまでに学んだ内容の総復習や、幅広い視野と知識を身に付けるための授業を実施する。

言語聴覚療法学科

◇ 1年次は、主にリハビリテーションの実践に求められる基礎科目および専門科目について学ぶ。
また、リハビリテーションの対象となる人々の生活や療養の場に応じた健康増進、疾病予防、機能の回復を支援するための知識を学ぶ。
評価・治療の実技の一部を学び、検査実習を通じてセラピストの業務内容や心構えを学ぶ。

◇ 2年次は、リハビリテーションの対象となる人々の特性や評価方法・治療方法について学びを深めながら、言語聴覚療法の基礎となる技術について、演習形式で修得する。
また、国家試験に向けた準備を整えるために対策授業を行う。
評価実習では、言語聴覚士の臨床での役割を学ぶとともに、言語聴覚療法評価を実施し、
得られた情報の統合と解釈を行う。総合実習では、評価結果の統合と解釈をもとに、治療プログラムの立案と実施を行い、訓練効果の検証を行う。国家試験や就職に向けて、これまでに学んだ内容の総復習や、幅広い視野と知識を身に付けるための授業を実施する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

  1. 専門的な医学知識や技能を幅広く理解、修得している
  2. 他の学問分野にも関心をもち、柔軟に他部門とのコミュニケーションがとれる
  3. 科学的専門知識・技術に基づき、疾病予防から身体機能の回復、維持・向上を図り社会復帰や社会参加を支援できる
  4. 総合リハビリテーションの実践を目指し、社会活動や地域活動に意欲・関心がある
  5. 探究心を持ち主体的かつ継続的に学習する能力をもつ
  6. 相手の気持ちを想像し、寄り添うことのできる豊かな人間性を有する