記事一覧

更新日:2024.02.26

公開日:2024.02.26

言語聴覚士

言語聴覚士(ST)になるには専門学校と大学どっちが有利?メリットデメリットをご紹介します。

言語聴覚士になるためには、専門学校や大学で専門知識を学ばなければなりません。 学校のカリキュラムを全て学び、自身のスキルとして獲得できて初めて、言語聴覚士として働く準備ができるのです。 しかし、専門学校でも大学でも言語聴覚士になるための勉強はできるため、「どっちを選べばいいのか分からない」と悩む人も多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、言語聴覚士になる際に専門学校と大学のどちらが有利なのかについて、メリット・デメリットを紹介しつつ解説します。 言語聴覚士になるには専門学校でも大学でも問題ない? 言語聴覚士になるには、文部科学大臣が指定する学校(大学)か、都道府県知事が指定する言語聴覚士養成所(専門学校)を卒業する必要があります。 上記の条件に当てはまる学校で所定のカリキュラムを学び、卒業することで言語聴覚士の国家試験を受験できるようになるのです。 言語聴覚士として働くためには、言語聴覚士の国家資格が必須となります。 そのため言語聴覚士になるのなら、まずは専門学校や大学への進学・卒業を済ませなければなりません。 指定されている学校であれば、どんなルート・経過を通っても卒業さえできれば受験資格を得られます。 ただ専門学校と大学どちらを選ぶかで学び方や時間が大きく変わります。 自分に合っている学校が、専門学校と大学のどちらなのかを判断して、適切な方を選ぶことが重要になるでしょう。 言語聴覚士になるために専門学校を選ぶメリット・デメリット 言語聴覚士になる際に専門学校を選ぶ場合には、以下のようなメリット・デメリットがあります。 入学1年目から専門的な学習が行える 言語聴覚士の専門学校は、1年目から言語聴覚士に必要な専門性が高い学習を行えます。 すぐに将来必要となる知識やスキルの習得が行えるため、学習のモチベーションを保ちやすいでしょう。 例えば言語聴覚士に必要な知識として、医学、心理学、認知科学、言語学、生命倫理学、コミュニケーション論、解剖学、⽣理学などを学びます。 これらの科目は言語聴覚士に必須の知識であるため、当然大学でも学習しますが、1年目からすぐに学び始められるのは専門学校のメリットです。 また、失語症学、構音障害学、嚥下障害学、聴覚障害学など、実際に自分が対応することになる症状への学習も早くから行われます。 実習中心の授業でスキルを身に付けられる 言語聴覚士の専門学校は、座学だけでなく実習を中心にした授業も多いです。 実際に患者さんとコミュニケーションを取り、評価技術や観察力を学べます。 現場の指導者や実際に言語聴覚士として働く人たちから、さまざまなアドバイスを得る機会があるため、実践的なスキルを身に付けられるのがメリットです。 実習が多いとついていくために体力が必要になりますが、その鍛えられた体力は言語聴覚士として働く際に役立ちます。 実際に働くための体を作るという意味でも、専門学校の実習中心の授業形態にはメリットがあるでしょう。 大学と比較して短期間で卒業できるため、学費が安い 言語聴覚士になるための専門学校は、3〜4年の期間(事前に大学を卒業している場合には2年間)で卒業ができます。 基本的に最短3年間の学習を行えば、卒業と国家試験への挑戦が可能となるのです。 短期間で卒業できるため、学費は大学と比較して安く、言語聴覚士として1年早く現場に出ることができます。 実際に働いてみて学べるも多いので、就職のタイミングが早い点は学習面でも金銭面でもメリットになるでしょう。 少人数制の授業や個別の就職サポートが受けられる 専門学校の多くは、少人数制の授業を採用しています。 少ない学生に対して講師が授業を行うことになるため、学習の遅れを防ぎやすいメリットがあります。 少人数制であれば、言語聴覚士になるという同じ志を持つ友人を作りやすく、それが学習モチベーションにつながることもあるでしょう。 また、専門学校では在籍する学生個人に対して、就職に関する個別サポートを行っています。 学生個人が持つ特性や希望を把握した上で、個別面談から就職先を決めるアドバイスを行ってくれるのです。 言語聴覚士は活躍できる領域が幅広いため、就職先に悩むケースは多いです。 そんなときは専門学校による就職サポートを活用し、将来について相談してみましょう。 学習スケジュールが過密になることも 専門学校は最短3年で卒業ができますが、その分学習スケジュールは過密になりやすいです。 レポート作成などでプライベートの時間がなかなか取れなかったり、実習の準備で友達と遊ぶ機会が作れなかったりする可能性があるでしょう。 忙しいなかで上手に時間をやりくりしなければならない点は、言語聴覚士になる際に専門学校を選ぶデメリットのひとつです。 言語聴覚士になるために大学を選ぶメリット・デメリット 言語聴覚士になるために大学を選ぶ場合、以下のようなメリット・デメリットが考えられるでしょう。 幅広い学習内容を対象に学べる 大学は専門学校と違って、幅広い学習内容を自由に学べる点がメリットです。 1年目から言語聴覚士になるための授業でスケジュールが埋まってしまうことがないため、自分の興味のある分野に積極的に挑戦できます。 「言語聴覚士を目指しているけれど、それ以外の勉強もしておきたい」といった場合には、大学のスタイルが合っているでしょう。 時間をかけて言語聴覚士に関する学習を行える 大学は卒業までに通常4年の時間が必要になるため、学習時間は専門学校よりも多くなります。 そのため言語聴覚士に関する学習を行う機会・時間が多くなり、じっくりと勉強を行える点がメリットです。 言語聴覚士の勉強と同時に他の学科や業界のことも学べるため、自分の進路についても柔軟に考えられます。 将来的に言語聴覚士以外の道も検討している場合には、学習時間が多い大学にメリットが見出せるでしょう。 言語聴覚士になるまでの学費が高い 大学では4年間の学習が必要になるため、トータルコストが高くなります。 基本的な授業料なども専門学校と比較して高額になるので、コスト面を見るとデメリットが多くなるでしょう。 一方で、専門学校の場合には最短3年で卒業できる点や、基本的な授業料が安めに設定されていることから、コストにおける問題は少なくなります。 なるべく学費を抑えて言語聴覚士になりたい、家庭の事情で多くの学費を捻出できないときなどには、大学よりも専門学校がおすすめです。 まとめ 言語聴覚士になるためには、まず専門学校や大学に進学し、専門知識を獲得して卒業する必要があります。 学校に通う過程で言語聴覚士に必要なスキルを身に付けられれば、その後の国家試験や就職もスムーズに進められるでしょう。 専門学校と大学のどちらにもそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットが備わっています。 この機会に各情報を比較して、自分に合っている学校がどちらなのかを考えてみてはいかがでしょうか。 費用面や学習効率を考慮すると、言語聴覚士の専門学校には多くのメリットがあります。 平成リハビリテーション専門学校には、充実した学習環境や就職サポートによる就職実績があるため、ぜひこの機会に詳細をご確認ください。

更新日:2024.01.23

公開日:2024.01.23

言語聴覚士

言語聴覚士の将来性についてご紹介します。

言語聴覚士はその専門性の高さと、対応できる領域の広さから、近年注目を集めている職業です。 新たに医療、福祉・介護分野に必要とされる人材として、今後も言語聴覚士には期待が集まるでしょう。 そんな言語聴覚士ですが、「将来的にもこの需要が続いていくのか?」といった疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。 そこで本記事では、言語聴覚士の将来性について解説します。 言語聴覚士に将来性はある? 結論から言えば、言語聴覚士には高い需要と将来性に期待できます。 既に多くの職場や業界で必要とされている言語聴覚士ですが、今後はさらにその需要が高まる可能性があるのです。 日本言語聴覚士協会の会員データによると、現状における言語聴覚士資格の合計合格者数は38,200人となっています。 そのうち会員を対象にした就業状況によると、19.789人が実際に言語聴覚士として仕事をしていることが分かっているのです。 1997年から国家資格として認定された言語聴覚士は、まだまだその歴史が浅いと言えます。 逆に言えば今後歴史が深まっていくことで、将来性は高まっていくと考えられるでしょう。 既に需要の高さに注目が集まりながらも、同時に将来性に期待できる点が、言語聴覚士の特徴です。 言語聴覚士に将来性があると言われる理由 「言語聴覚士には将来性がある」と言われることには、以下のような理由があります。 以下を参考に、言語聴覚士に将来性がある具体的な理由を把握してみましょう。 超高齢化社会の加速によってさらに需要が伸びる 今後も加速することが予想される「超高齢化社会」の影響が、言語聴覚士の将来性につながると予想されます。 超高齢化社会とは、65歳以上の高齢者の割合が、「人口の21%」を超えた社会のことです。 内閣府の発表によると、既に2019年の時点で総人口に占める高齢化率の割合は28.4%になっています。 また、日本は2025年に、団塊の世代と呼ばれる800万人が、全員75歳以上の後期高齢者になるという「2025年問題」を抱えています。 このように超高齢化社会は今後ますます加速し、多くの高齢者への対応が必要になると考えられるでしょう。 高齢者のなかには、言語や聴覚、食事の飲み込みに負担を感じる人が多いです。 そのため今後の超高齢化社会に備えて、それらの症状に対応できる言語聴覚士の確保が必要となるでしょう。 結果的に超高齢化社会が、言語聴覚士の将来性を押し上げる要因になると想定されます。 数値参考:https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2020/html/zenbun/s1_1_1.html 医療機関でのさらなる活躍に期待できる 言語聴覚士は、特に医療機関で活躍している職業です。 2020年度の「診療報酬改定」における「疾患別リハビリテーション料に係る言語聴覚士の配置の見直し」によって、言語聴覚士は「呼吸器リハビリテーション」「難病患者リハビリテーション」「脳血管疾患等リハビリテーション」などの施設基準に追加される結果になりました。 日本言語聴覚士協会のデータによると、会員の67%が医療関係の勤務先で言語聴覚士として働いています。 もとより医療関係で多くの言語聴覚士が働いているため、多くの事例や先輩たちからのアドバイスを得られるのが特徴です。 言語聴覚士として働きやすい領域になっているので、今後も医療機関で働く人は増えると予想されるでしょう。 それは結果的に医療分野における言語聴覚士の地位の向上につながり、より高待遇による採用に期待できるかもしれません。 言語聴覚士は待遇に関する面においても、将来性があるでしょう。 医療分野における対応領域の拡大の可能性もある 言語聴覚士は、医療分野のさまざまな領域で仕事ができています。 日常生活を快適に過ごすために欠かせない言葉、聴力、嚥下といった点における症状のリハビリが行えるため、病院のなかでも多くの場所で働けるのが言語聴覚士の強みであり、将来性につながる理由です。 さらに言語聴覚士は、今後も医療分野で活躍できる領域が広がり、豊富な人材が求められる可能性があります。 新制度の確立や医療業界の動向を確認し、言語聴覚士の需要の変化を注視することも将来性を知るポイントです。 聴覚分野や小児分野ではまだまだ人手不足 言語聴覚士は幅広い分野で働いていますが、聴覚分野や小児分野ではまだまだ人手が足りていない状態となっています。 日本言語聴覚士協会のデータを参考にすると、「小児言語・認知」の分野で働いている人は4,625人、「聴覚」においては2,097人という少なさです。 「成人言語・認知」が14,650人、「摂食・嚥下」が14,630人、「発声・発語」が14,428人という数値になっていることを考慮すると、言語聴覚士は働ける領域が広いにも関わらず、人数の割り振りは偏っていると言えるでしょう。 しかし、逆に言えば聴覚分野や小児分野の需要は、その他の分野よりもさらに高いと考えられます。 需要が高い領域がまだ存在するという点は、言語聴覚士に将来性あるという理由になるでしょう。 これから言語聴覚士になるのなら、聴覚分野や小児分野で活躍するためのスキルを身に付けることで、就職や転職で有利に立ち回れる可能性があります。 介護・福祉施設や自宅で過ごす患者さんが増える可能性がある 介護・福祉施設においても、言語聴覚士は需要の高い職業となっています。 自宅を訪問するスタイルでのサポートも可能なため、家で治療を受ける患者さんたちにも対応可能です。 そのため今後、病院で長期間治療を受けるのではなく、介護・福祉施設や自宅で過ごす人が増えても、言語聴覚士に将来性はあると判断できるでしょう。 医療費の上昇などによって、病院ではなく介護・福祉施設で高齢者をサポートする動きは加速しています。 そのため将来的には、現在の病院に近い役割を、介護・福祉施設がまかなう可能性もあるでしょう。 言語聴覚士なら、病院でも介護・福祉施設でも働けるため、将来的に高齢者のサポート体制がどのように変化しても対応できます。 仮に医療を取り巻く社会情勢や高齢者の支援方法が大きく変わったとしても、言語聴覚士は変わらず将来性のある職業として期待されるでしょう。 言語聴覚士になるのなら、将来的な医療現場の変化も考慮して、介護や福祉に関する知識もしっかりと学んでおくことがポイントです。 まとめ 改めて、言語聴覚士には将来性があると言えます。 その専門性や需要の高さによって、今後も多くの職場で活躍できるでしょう。 言語聴覚士になるには、指定の専門学校などを卒業して、国家試験に合格しなければなりません。 この機会に言語聴覚士になるための流れも確認し、具体的に自分の将来の仕事にすることも検討してみてください。 言語聴覚士の国家資格を目指す勉強は平成リハビリテーション専門学校の言語聴覚療法学科で学ぶことができます。 資料請求、オープンキャンパスへのご参加をお待ちしております。

更新日:2023.12.06

公開日:2023.12.06

言語聴覚士

言語聴覚士になるには?方法をご紹介します。

言語聴覚士は、現在幅広い業界で求められている職業です。 そんな言語聴覚士になるには、いくつか必要なステップを踏む必要があります。 そこで本記事では、言語聴覚士になるための方法を解説します。 「言語聴覚士になるにはどうすればいいの?」と悩んでいる方は、こちらで基本的な情報をチェックしてみてください。 言語聴覚士になるには? 言語聴覚士になるには、まず必要な過程を把握することが重要です。 どのようなルートで言語聴覚士になれるのかを確認し、必要な準備を進めましょう。 国家試験に合格する 言語聴覚士になるには、国家試験に合格する必要があります。 厚生労働省の「言語聴覚士国家試験」に合格することで、専門資格を取得する事が可能です。 資格を取得してはじめて、言語聴覚士として働けるようになります。 そのため言語聴覚士になるには、まず国家試験の合格を目指して準備・対策が必要です。 言語聴覚士の国家試験は、毎年1回実施されます。 合格者数に上限はありませんが、試験で所定の点数以上を獲得しなければならないため、準備が不足していると来年以降に持ち越しとなってしまうでしょう。 言語聴覚士になるチャンスは限られているため、しっかりと試験対策を行うことがポイントです。 言語聴覚士になるには進学が必須? 言語聴覚士になるには、大学や専門学校への進学が必要です。 言語聴覚士の国家試験を受験するには、「文部科学大臣が指定する学校、もしくは都道府県知事が指定した養成所(専門学校)を卒業」することが条件のひとつとなっています。 そのため言語聴覚士になるには、指定された大学や専門学校に進学しなければなりません。 事前に進学先を検討して、方向性を考えておくことが重要です。 言語聴覚士になれる大学や専門学校では、専門性の高い授業が展開されています。 言語聴覚士として働くための専門的な知識や、実習を通して実践的なスキルを学べるでしょう。 国家試験対策も行われているため、試験の合格に向けた本格的な準備も可能です。 社会人からでも言語聴覚士になれる? 言語聴覚士は、社会人からでも目指せる職業です。 社会人から言語聴覚士の専門的なカリキュラムを学べる大学や専門学校に進学すれば、一から学習をはじめられます。 言語聴覚士の国家試験には年齢制限がないため、何歳からでも目指せるのが特徴です。 社会人から改めて言語聴覚士の道を選ぶことは、決して珍しくはありません。 言語聴覚士になるには求人・就職情報の確認も重要 言語聴覚士になるには、求人や就職情報を確認することもポイントです。 国家資格を取得しても、その後の就職が上手くいかなければ、言語聴覚士として働くことはできません。 求人・就職情報は常にチェックし、理想的な職場に就けるように備えることが必要です。 言語聴覚士の有効求人倍率は高い? 言語聴覚士の有効求人倍率は、比較的高い水準を維持しています。 令和2年のハローワーク求人統計データを参考にすると、言語聴覚士の全国の有効求人倍率は2.77倍です。 令和2年における職業全体の平均有効求人倍率が1.18倍であることを考慮すると、言語聴覚士の場合には2倍以上の需要が見込めます。 それだけ言語聴覚士の需要が高くなっているため、今後も有効求人倍率は上昇傾向になると考えられるでしょう。 参考:厚生労働省一般職業紹介状況(令和2年12月分及び令和2年分)について 就職時には給料・年収面も確認する 言語聴覚士への就職時には、給料・年収面を確認することもポイントです。 いくらくらいの給料で働けるのかを把握しておくことで、就職後の生活プランを立てやすくなります。 結果的に言語聴覚士として働き続けるための準備になるため、平均年収などは事前に把握しておきましょう。 厚生労働省の令和3年賃金構造基本統計調査によると、言語聴覚士の平均年収は約427万円です。 言語聴覚士が働ける業界は幅広いため、年収やその他の待遇は就職先によって大きく異なります。 自分が納得できる年収や待遇のラインを事前に決めて、就職先を選択することがポイントです。 言語聴覚士になるには仕事領域を把握しておく 言語聴覚士になるには、主な仕事領域を把握しておくことも重要です。 どのような仕事がしたいのかによって、就職先の業界や職場は変わります。 言語聴覚士として目指すべき方向性を明確にするためにも、どんな領域で仕事ができるのか確認が必要となるでしょう。 医療・福祉・教育など幅広い分野で仕事ができる 言語聴覚士は、医療・福祉・教育といったさまざまな分野で仕事ができます。 自分に合った職業や仕事内容を選べるため、まずは各業界で言語聴覚士がどのような業務にあたるのか確認しておきましょう。 言語聴覚士の主な業務は、言語障害、音声障害、嚥下障害などを持つ方々のサポートです。 専門知識を用いて検査や評価を行い、個々の状況に合わせた支援を実施するのが基本的な役割になります。 また、言語聴覚士は小児分野でも役割を持てる職業です。 言語障害や音声障害のある子どもたちを、専門家として支援することも仕事になります。 小児分野で仕事をする際には、子どもたちにストレスを与えないように、遊びを交えての訓練やコミュニケーションが必要です。 成人分野で働く場合とは求められる役割が変わってくるため、臨機応変に仕事のスタイルを業界に合わせることがポイントになるでしょう。 言語聴覚士になった後のことも考えておく 言語聴覚士になるには、「なった後のこと」も考えておくことが重要です。 将来を見据えてどのような言語聴覚士になりたいのか、どんな働き方をしたいのかといった点について、じっくりと考える機会を作る必要があるでしょう。 以下からは、考えるべき言語聴覚士になった後のことについて解説します。 言語聴覚士の仕事にやりがいを見つける 言語聴覚士になるには、事前に仕事のやりがいについて考えておくことがポイントです。 仕事にやりがいが見出せないと、言語聴覚士として継続して働いていくことが難しくなります。 言語聴覚士の仕事内容や、実際に働いている人の意見を参考に、自分のやりがいについて考えてみましょう。専門学校のオープンキャンパスに参加して、学校の先生に直接やりがいを聞いてみるのもよいでしょう。 言語聴覚士としてのステップアップを考慮する 言語聴覚士を目指すのなら、就職後のステップアップ方法も考える必要があります。 就職後やりたいことを見つけたときや、より良い条件の仕事に就きたくなったとき、言語聴覚士としての高い能力があればスムーズにその願いを叶えられるでしょう。 言語聴覚士として実力のある人材になるために、着実にステップアップをしていく方法を考えておくこともおすすめです。 まとめ 言語聴覚士になるには、指定された学校への進学と国家試験の合格、そして就職が必要な基本ステップです。 どの要素が欠けてもいけないので、この機会に言語聴覚士になるにはどうすればいいのかを明確にしておきましょう。 言語聴覚士の国家資格を目指す勉強は平成リハビリテーション専門学校の言語聴覚療法学科で学ぶことができます。 資料請求、オープンキャンパスへのご参加をお待ちしております。

更新日:2024.01.31

公開日:2023.11.29

言語聴覚士

言語聴覚士の求人や就職先について知りたい

言語聴覚士はその需要の高さから、さまざまな求人および就職先があります。 多くの職場や業界で仕事ができるため、自分らしい働き方が実現できるでしょう。 しかし、逆に言えば求人事情や就職先の種類を把握しておかなければ、自分に合った言語聴覚士の職場に就くことは難しくなります。 そこで本記事では、言語聴覚士の求人や就職先について解説するので、ぜひ参考にしてください。 言語聴覚士の求人事情 言語聴覚士は、その需要の高さが近年注目されはじめている職業です。 言語聴覚士でしかできない仕事や専門的なスキルが多数あるため、特定の業務を任せたい場合には言語聴覚士を雇用する必要があります。 そのため言語聴覚士を採用するための求人情報は多く、今後も増加傾向になると予想できるでしょう。 そこで以下を参考に、2022年における言語聴覚士の求人事情をチェックしてみます。 言語聴覚士の有効求人倍率は? 言語聴覚士は、高い有効求人倍率を示しています。 厚生労働省の「jobtag」で公開されている有効求人倍率(ハローワーク求人統計データ参考)を見ると、言語聴覚士の平均有効求人倍率は2.77倍です。 ひとりの言語聴覚士に対して、3件近い求人があるのが現在の状況となっています。 そのため言語聴覚士として働く場合には、さまざまな求人からある程度自由に選択が可能です。 ちなみに、厚生労働省が公開している令和2年全体の平均有効求人倍率は、1.18倍です。 言語聴覚士の有効求人倍率と比較すると、半分以下の数値になっています。 いかに言語聴覚士の需要が高いのかが、この数値から分かるでしょう。 求人数に対して言語聴覚士の人数は? 言語聴覚士の求人数および有効求人倍率は、上記のように高い水準にあります。 一方で、言語聴覚士として働ける資格に合格した人の人数は、令和4年4月時点で累計38,200人です。 そのうち「日本言語聴覚士協会」に所属しているのは19,789人で、実際に就業している割合は19,789人中84.2%となっています。 日本言語聴覚士協会の会員限定の数値になりますが、約16,662人の言語聴覚士が働いていることが分かるでしょう。 また、言語聴覚士として働く人材は、毎年増加しています。 言語聴覚士になるためには、国家試験に合格して国家資格を取得しなければなりません。 国家試験は毎年1度行われていて、言語聴覚士の試験の場合は、毎年1,500〜2,000人程度の合格者がいます。 そのため、今後も2,000人前後の言語聴覚士が、新たに就職することが予想されるでしょう。 言語聴覚士が国家資格として認定されてから、まだ23年しか経っていないため、仕事を引退する年齢に達している人は少ないと想定されます。 結果的に言語聴覚士を引退する人よりも、新しく言語聴覚士になる人の方が多くなる可能性が高いため、今後は求人の取り合いになることも考えられるでしょう。 言語聴覚士の就職先について 言語聴覚士の就職先には、さまざまな種類があります。 特定のジャンルのみに需要があるニッチな職種とは違い、あらゆる職場で働ける可能性があるのです。 以下からは、言語聴覚士の就職先について解説します。 言語聴覚士は多種多様な業界で仕事ができる 言語聴覚士は、多種多様な業界で仕事ができる職業です。 主に言語障害、発声障害、聴覚障害、嚥下障害のある人々のリハビリを行い、支援および生活のサポートをするのが言語聴覚士の役割となります。 上記の症状に悩んでいる人は決して少なくなく、大人・子供、男性・女性に関わらず生活の課題になってしまうケースがあるのです。 そのためあらゆる職場、シーンで言語聴覚士の知識と技術が必要になり、雇用機会が増加しています。 多くの業界で仕事ができるということは、自分に合った職場や、理想とする条件による雇用を目指すことが可能です。 自分で納得のいく就職先を選べれば、それは仕事におけるモチベーションにつながり、言語聴覚士として働き続けるきっかけになるでしょう。 また、言語聴覚士は先に解説した通り需要および有効求人倍率が高いため、1度離職しても再就職しやすいのが特徴です。 言語聴覚士の国家資格は、1度取得すればその後更新の必要はなく、失効してしまうこともありません。 そのため言語聴覚士の国家資格を取得してしまえば、ある程度好きなタイミングでの就職が可能となるでしょう。 もちろん、より良い役職や条件の良い職場に就くには、キャリアが必要になります。 将来的に目指したい役職や立場があるのなら、早めにキャリアプランを考案して見るのがおすすめです。 言語聴覚士の具体的な就職先について 言語聴覚士の就職先には、具体的な種類があります。 以下を参考に、言語聴覚士の具体的な就職先を確認し、興味のある業界・職種をチェックしてみましょう。 医療関係 言語聴覚士の就職先としてもっとも多いのが、医療関係です。 病院などの医療施設で、医師や看護師と協力し、本格的なリハビリや治療にあたることになるでしょう。 具体的には、リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、口腔外科、形成外科などに就職できます。 また、子どもの検査・支援を担当する小児科でも、言語聴覚士は役割を担えるのが特徴です。 子どもとのコミュニケーションやリハビリなどに興味があるのなら、小児科という選択肢も考えられます。 福祉関係 言語聴覚士は、福祉関係の就職先も検討できます。 例えば障害福祉センター、小児療育センターなどの施設で働くことが可能です。 障害のある人の支援だけでなく、その家族のサポートやアドバイスなどを行う職業が多いです。 福祉分野の仕事で言語聴覚士のスキルを活かしたいのなら、各種センターの求人をチェックしてみましょう。 介護関係 言語聴覚士の就職先のひとつに、介護関係があります。 介護が必要な人のなかには、高齢化による嚥下障害や聴覚障害に悩む人も多いです。 そのため言語聴覚士として活躍する機会は多く、求人数も増加傾向にある業界となっています。 近年は訪問介護など、新しい介護の形が発展しているため、そういった分野での需要もあります。 学校関係 言語聴覚士は、学校などの教育分野でも仕事ができます。 例えば言語聴覚士を育てる養成学校(専門学校)の教員や、研究職などで働くことも検討できるでしょう。 また、教員免許を取得することで、言語聴覚士として特別支援学校などに就職も可能です。 まとめ 言語聴覚士は、現在も高い需要のある職業です。 有効求人倍率も高く、今後も上昇傾向が続く可能性があるため、資格取得によってさまざまな経験ができるでしょう。 この機会に言語聴覚士の求人事情や就職先の情報を確認し、具体的な就職プランを考え出してみてはいかがでしょうか。 言語聴覚士の国家資格を目指す勉強は平成リハビリテーション専門学校の言語聴覚療法学科で学ぶことができます。 資料請求、オープンキャンパスへのご参加をお待ちしております。

カテゴリー